G-DEP

株式会社ユニットコムはトーワ電機株式会社と共同開発したGPUコンピューティング向けワークステーション2機種を発売しました。 トーワ電機株式会社はGPUコンピューティングを大学・研究機関及び製造業その他の産業界に広く普及させるための共同事業体である、日本GPUコンピューティングパートナーシップ(G-DEP)の 参画企業でGPUコンピューティングに対する高い技術を有しています。 第一弾としてGPUコンピューティングをこれから初められる方を対象にしたエントリーモデル2機種を発売します。 共に使いやすさとコストパフォーマンスを重視したGPUコンピューティングマシンです。

G-DEPとの共同開発!新型GPGPUモデル

G-DEPとの共同開発!新型GPGPUモデル

『GU-1000』はコンパクトなキューブ型筐体の中にCore i7-5820K、グラフィックスカードにNVIDIA GeForce GTX TITAN BLACK(演算用)、NVIDIA GeForce GT720(表示用)の二枚を内蔵し、16GBメモリ、1TBのスクリーニング済み「ノンストップHDD」を搭載。
Windows/Linuxいずれの開発環境でも最適な運用が可能です。 『GU-1000』は派生モデルとしてコストパフォーマンスに優れた8コア/16スレッドの「Core i7-5960X」に大容量12GBメモリを備えるTeslaK40を搭載した『GU-1000B』、1コアあたりの処理性能に優れたXeon E5-1600シリーズを搭載した『GU-1000B』の3モデルでの展開です。
『GU-2000』は従来のコードを使用したCPU演算環境を重視しつつ新たにGPUコンピューティングを取り入れたい方にお勧めのモデルです。
冷却性、拡張性に優れたミドルタワーケースを採用し、プロセッサーにXeonE5-1620v3、16GBメモリ、1TBのスクリーニング済み「ノンストップHDD」を搭載しています。グラフィックスには導入コストや初期の習熟、単精度演算性能を重視される方に人気のGeForce GTX TITAN BLACKを採用し、GefroceからTeslaへの本格運用に際してはGPUカードの差し替えが可能な仕様ですので安心してご利用頂く事ができます。 本シリーズはBTO(Build to Order=受注後生産方式)に対応しているので、ユーザーのご要望に沿った形でのスペック変更、大容量メモリなどに変更可能です

モデル一覧は下記から